メインイメージ画像

引越業者の忙しい時期は避け

なるべく少ない予算で引越しするなら、良い季節を狙いましょう。自身の都合で引越しをする季節を選べる時は、引越業者の忙しい時期は避けて計画をすると、料金を抑える事ができます。通常は、梅雨の時期や年末年始は、引越し希望者があまりいない時期です。この季節にはお得なキャンペーンをする業者もあるので、引越しをする時期としては本当に狙い目の時期です。

その他に、4月や10月のような就職の時期や、夏休み中には引越し依頼が多くなりますので、その前後ならば条件の良い物件や低価格で引越し業者を探す事ができると思います。中でも、休み前の7月前半や11月は引越し業界の暇な時期だと言われている時期です。

一人暮らしの人の引越しは、単身向けコースを見つけましょう。平均的に荷物の少ない単身世帯の引越しの際は、引越費用を限りなく抑える事ができる一人プランを探すと、いろいろな業者で見つかるはずです。

単身世帯向けの引越しコースでは、家具や移動距離のあまりない人、その中でも特にお得なプランから、一人でも荷物の多い人や、遠いところに引越す人向けの少し高いコースまで、様々なニーズに合ったものがありますので、一般的な単身世帯に当てはまらないかもしれない、という場合でも一人暮らしプランを探してみると良いと思います。繁忙期を避けて、平日に引っ越せば3万円程度で引っ越す事ができる場合もあり、費用削減には最適です。

新しい住居への引越しだけでなく、旧居の退去手続きも大事です。新しい部屋への引越し日が決まったら、今住んでいる家の退去準備についても、合わせてしなくてはいけません。

今住んでいる家が賃貸契約の場合は、退去を決めたら今の物件に入居する時に取り交わした契約書を読んで、退去の予定を何日前に言えば良いかを把握しましょう。契約書に記載されている日にちまでにオーナーに連絡をし、退去の日を決めてその日までに全ての家具を撤去します。また、新聞や電話の契約を解約する事や、水道やガス、電気の契約を解約する事も忘れないようにしましょう。部屋のどこかに破損や汚損した箇所がある人は、立ち会いで正直に言っておきましょう。

更新情報