メインイメージ画像

余裕のある期間を設けよう

作業は効率よく行いましょう。引越しで特に時間がかかるのがお部屋探しですが、希望通りの新居を探す事ができたら、引越しの用意を始める必要があります。物件探しは非常に楽しい物ですが、荷物をまとめたり家具の廃棄、新たな家具を探す等、面倒な準備はなかなか進まない事が多いです。引越し先が決まってから実際に引越すまでの間は思っている以上にすぐに過ぎてしまいます。引越しの日取りが決まったら、なるべく早く引越準備に取りかかって、近くなって困る事のないよう、余裕のある期間を設けましょう。

そして、準備作業には、部屋の準備だけでなく、今住んでいる家の大家さんや勤め先、学校への連絡などもありますので、覚えておきましょう。

引越時に見られるトラブルを引越し前に把握しておきましょう。予想以上に、引越しに関係する様々なアクシデントに遭っている人は大勢います。トラブルに遭遇した人のほとんどは、引越しの際にトラブルが発生すると言う事は想定していなかった人たちがほとんどですので、どのようなアクシデントが起こりやすいのかを事前に知っておく事はとても大事です。引越時のトラブルで特に多いのが、引越し業者の費用に関する認識不足です。

引越し当日になって追加で料金が発生し、考えていた金額を大幅に超えてしまうことの無いように、入念に業者に確認しましょう。あと、全ての荷物が実際に運べるかどうか、重いものがある場合は、確認しましょう。

引越しの前の荷造りは、使用しない物から開始しましょう。移動する日までには必ず終わらせておかなくてはいけない梱包は、普段使用していないクローゼットの中や日用品以外の物から開始するとよいでしょう。

引越準備の中で最も長く時間がかかるのが梱包です。常日頃から整理整頓がきらい、という人は余計に、早めに梱包を開始しましょう。具体的な引越しの日が決められなくても、何年間も押し入れにしまったままのものは、引越しの気持ちが固まった時点で段ボール箱に詰め込んで一カ所に寄せておいても良いと思います。可能であれば、荷造りをしていないものは一つの部屋にまとめたまま過ごし、最後の日には時間をかけずに作業が終わるようにしましょう。

更新情報