>

TwitterとInstagramのハッシュタグの利用法

Twitterのハッシュタグのつけ方

SNSを有効に使う際に共通して言える事は、そのSNSの特性を知っておくことだと思います。
その点でTwitterのハッシュタグのつけ方は、Facebookのシンプルなハッシュタグとは違い、「ありふれた単語ではなく、オリジナリティある言葉」、「ハッシュタグの自体に面白みがあり、その言葉を使って大喜利が起きるような言葉」、「サブカル系のツイートで用いられる言葉」など、総じていえばハッシュタグ事態に面白さがあったり、マニアックな言葉が人気のハッシュタグとして使われているようです。

初心者に人気のハッシュタグをいきなり生み出すのは困難だと思うので、ハッシュタグランドなどのハッシュタグ検索サービスを利用して人気のハッシュタグを検索してみる事をオススメします。

Instagramでのハッシュタグ利用法

FacebookやTwitterなどと違い投稿の拡散機能が乏しいInstagramでは、その分、投稿を多くの人に見てもらうためにハッシュタグの活用が盛んで、使用方法も独特です。
まず独特なのが、一つの投稿に対するハッシュタグの数で基本的には「投稿にハッシュタグは多い方が良い」とされています。
1つの投稿のハッシュタグ上限の30個はさすがに文章が、全てハッシュタグになってしまいますが、10個程度はつける事で投稿が多くの人に見れもらえる傾向にある様です。

しかし、多くのハッシュタグをつければ良いわけではなく、人気のハッシュタグを押さえつつ、独自のハッシュタグをつける事で、人気のハッシュタグの投稿の中に埋もれる事を防ぐ事も重要です。


この記事をシェアする