>

ハッシュタグの使い方とFacebookで有効なハッシュタグ

ハッシュタグの使い方

まず基本的なハッシュタグの使い方は簡単で、「#」の後にキーワードを入力すればハッシュタグとして認識されます。
注意点としては、「#は半角で入力する事」、「ハッシュタグの前後にはスペースを開ける事」、「ひらがな、カタカナ、数字、アルファベットは利用できるが、記号、句読点、スペースを含んだキーワードは使う事が出来ない」これらのことが基本で誰でも使うことが出来ますが、応用としてより検索されて記事が拡散しやすいハッシュタグのつけ方をご紹介いたします。 
まず、その方法は「人気のハッシュタグを調べて使う事」です。
無料ツールのHashtagifyなどを使ってSNSの人気のハッシュタグや、自分が付けたいハッシュタグの人気を調べる事が出来ます。
この様にしてハッシュタグの傾向を調べることが重要です。

Facebookのハッシュタグの使い方

ハッシュタグは様々なSNSで利用されていますが、実はそれぞれのSNSで投稿を多くの人に見てもらうにはSNSに合ったハッシュタグの使いかたがあります。
Facebookに合ったハッシュタグの使い方は「シンプルで理解しやすい物、少数つける事」です。
理由としてはFacebookでは宣伝活動は嫌われやすく、露骨な表現だと投稿を見てもらうどころか逆効果になってしまう事もあるようです。
以上の事からFacebookに適したハッシュタグは「季節のイベント」や「明確にメリットがハッシュタグ」が好まれている様です。
季節のイベントは「# 花火大会」など誰でも理解できるので抵抗なくクリックできます。
また「明確にメリットがあるハッシュタグ」は解りやすく言えばライフハック的な事や「#睡眠不足解消」などの健康情報も分かりやすいのでクリックしてもらいやすいようです。


この記事をシェアする