>

ハッシュタグのメリットとSNS後とのハッシュタグのつけ方

ハッシュタグとは

FacebookやTwitter、Insagramなどで#○○などのコメントを見た事があると思います。
これがハッシュタグなのですが、主な機能はハッシュタグの名前の通りタグをつける行為で、ハッシュタグをクリックするとクリックしたハッシュダタグと同じ記事を検索してまとめて閲覧する事が出来ます。
つまり、SNSの特徴である無秩序で関連性のない投稿の中から、特定の話題やイベントなどをまとめて検索する機能と言えます。
また、企業や個人でSNSをつかって商品やサービスのSNSマーケティングを行う人たちにとってみれば、SNSで宣伝活動を行う上でも、ユーザーの調査を行う上でもハッシュタグは重要な要素となっているです。

ハッシュタグのメリット

ハッシュタグは強制的なルールではないので付けなくても良いのですが、これだけハッシュタグが使われるという事はメリットもあるという事です。
まず大きなメリットは、ハッシュタグを使うと投稿を多くの人に見てもらえる確率が上がる事でしょう。
ハッシュタグ検索では同じハッシュタグがついていれば、まとめて閲覧される可能性が高いので、人々が多く検索するハッシュタグをつけておけば多くの人に見てもらえると言うわけです。

次は企業などSNSマーケティングを行っている方の大きなメリットですが、企業名を知らなくてもハッシュタグによって宣伝を見る確率が高くなる。
例えば、#メガネフレームとすれば、メガネフレームを製造している会社を知らなくても閲覧者はメガネフレームを作っている会社の宣伝やそれを取り扱かっている店舗に知る事が出来るので宣伝活動としてとても有効です。


この記事をシェアする